人の体躯は生売り物なので「やり過ぎ」にお世話だ。

人の体躯は生売り物なので「やり過ぎ」にお世話だ。「動きのやり過ぎ」、「食べ過ぎ」、「寝過ぎ」などまだまだいっぱいありそうですが、こういう3つを例にレヴュー行う。
それでは、「動きのやり過ぎ」だ。これは誰もが経験したことがあると思われます。いわゆる、「オーバーワーク」だ。「オーバーワーク」になるとパワーが落ちてきて、故障に繋がるケー。このようにならない為にも、設置動き(ウォーミングアップ)や集積動き(クーリングダウン)などが大切になってきます。こういう二つを忘れているといった故障が起き易い状態になります。
次に「食べ過ぎ」に関してだ。
シミウス体験日記
こういう点についての体躯への感化は、内蔵仲にきて体躯に感化が出ます。内蔵に感化が起きるという人の体躯は筋肉に力が入り辛くなります。お酒の呑み過ぎも同じ事が言えます。
最後に「寝過ぎ」にあたってだ。「寝過ぎ」は、「交わる子どもは育つ」という広告があるようにいい事だと思ってあるほうが多いとは思いますが、「寝過ぎ」たら不能という事です。「寝過ぎ」たらどのようにダメなのか、経験がある方もいるとは思いますが、「寝過ぎ」るという起きたら体躯がだるくてひどい機会がほぼ「寝過ぎ」の原因だ。
なので、何事も「やり過ぎ」にはお世話だ。